XL1200Xのライディングポジション

コンパクトなスポーツスターの中でも群を抜いて低いフォルムの
XL1200X フォーティーエイトは実車を見ると本当に小さく見えます。
ハーレーダビットソンから2011年モデルの試乗インプレッションレポートと言う
本を頂いたのでその中からライディングポジションの写真を掲載したいと思います。


【160cmのライダーの場合】
バイクが大きく見えます。
フォワードコントロールの為、足の長さもギリギリのラインだと思います。
【170cmのライダーの場合】
ベストサイズですね。
フォワードコントロールの為、足の長さが微妙かもしれません。
【180cmのライダーの場合】
若干バイクが小さく感じます。
フォワードコントロールの為、足の長さはベストかも知れません。

馬の背に乗るかのような独特なライディングポジションのハーレーの中でも
フォワードコントロールによる足を前に投げ出して乗る姿勢はとてもカッコいいです。
ただ写真はステップに足を置いてないので解らないと思いますが、身長175cm以上ないと
ステップに足を置いたら、手足が前に伸びきり、腹に強烈なボディーブローを受けたような姿勢になります。
フォアードコントロールで膝をちゃんと90度曲げるには最低でも180cmくらいの身長が必要です。(汗)

スポンサーリンク

sidemenu

皆さんの48画像を掲載しませんか?

皆さんのXL1200X画像を掲載しませんか?
掲載して頂ける方はこちらまでお送り下さい。
カスタムアピールと写真(3枚まで)をお送り下さい。
お一人様1ページの紹介ページを作成させて頂きます。

スポンサーリンク